坂木正寛創作

きわめて貴重なブログ

目玉の、カルティエ大型複雑な複雑な機能の腕時計

 二匹のイヌワシ鳥手動で彫刻で、鳥の羽のような野獣派の絵のようなカラフルな、それらを守っている二匹の雛の身の下で、鳥の巢の中央臥て1羽の鳥の卵。精微こだわりの詳細は、絢爛鮮明で美しい色は、真に迫った鳥の1本の草に至るまでレバー。全体の時報鳥3問表のように部精密自動人形機などはちの精巧なシーン、人に感嘆させるだけレバーに伴って引く、時計、刻時計と分の時報鈴の音、おっぱいひなを飼う、撲翼、さらさらと流れの滝、ヒナ殻は破れて確かなイベントシーンなど一つ一つが現れ。


この一枚を組み合わせた万年暦、飛行陀フライホイールと三問時報などの三大複雑な機能を一身の厚さわずか5 . 49増もムーブメントミリ、ましてやそれはまだ枚自動的にムーブメントのだろう。が薄い。积家が昨年発表したHybris Mechanicaじゅういち薄型陀はずみ車3問表、ムーブメント厚8.09ミリ、バセロンコンスタンチン搭載万年暦、陀フライホイール、三問機能のPatrimony Traditionnelle Caliber 2755ムーブメント7 . 9 mm、厚さ。

«1»
最近の投稿
日历
ブックマーク
Tags列表
カテゴリー

きわめて貴重なブログ。Copyright by 作者【坂木正寛】:www.qualityfirst777.site