坂木正寛創作

きわめて貴重なブログ

カルティエの第1枚の自制の時間単位の計算を搭載してチップを表しを積み重ねます

外観と機能の上が異なってなだけではなくて、全く新しい41ミリメートルの時間単位の計算はまた(まだ)ブランドの自制する1904―CHMC型の労働者の仕事場を搭載してチップを精製するのを表します。もしも私は間違って記憶していないで、このチップは2013年に誕生します。カルティエの第1枚の自制の時間単位の計算としてチップを表しを積み重ねて、ブランドの自制のチップの研究開発の方面の創造精神と偉大な志を体現していて、同じくカルティエの腕時計のために創作してもっと多い可能性を提供しました。

ロレックスも“盛んな刺し縫いする海の時計の殻”を使います

盛んな納海第が表の3643が一定の時間を使ったのを量産した後で、金属の曲げてくる表す耳で盛んな刺し縫いする海の3643このようなを発見して、あまり丈夫ではない。そこで改良して殻を表して、金属のかたまり状の誠実な時計の耳に変更して使用して、殻を表すのは依然としてロレックスが提供するのです。改良の後盛んな刺し縫いする海、続々と6152、6154出して、それからチップは8日の動力Angelus240手動のチップに替えて、もうロレックスのチップを使いありません。


伝統の圧迫と束縛を打ち砕きます:技術のおかしいkaFreakXの前生の今生

時間総は気をつけないでつそっと流れ去って、ポインターに似ているのが落ち着いていて時計の文字盤をかすめる普通で、一瞬目の間で、21世紀にすでに五分の一向こうへ行きました。この死去していく20年を振り返って、腕時計の世界の変化はまったくひっくり返ってひっくり返して、石英の危機を経験したことがある後で30年に機械的になり果てしない復興の長い道を表した後に、伝統はと革新してここ20年の間にすべての腕時計のブランドのすべて必ず直面しなければならない厳粛な問題になって、すべての古い専門の語彙は一般的で黄色の文献の中から再度時代に跳びはねて前列、あれらと氷のように冷たくまた現代思って十分なハイ・テクノロジーこもごも入り交じって、ロレックススーパーコピー腕時計の世界のを成し遂げてまた1度革新していました。

間金のバイカラーの1モデルの優雅な潜む水道のメーターはどのように精錬するのですか?

運動する市場の中で、潜む水道のメーターの形勢はいままでずっととても勢力が盛んで、特に紳士達、潜む水道のメーターについて本心が現れて、気に入って手放せなかったのと言えます。今年、格拉蘇蒂はオリジナルなのはまた全く新しいSeaQ金の潜む水道のメーターを出して、2種類の異なる材質で、色を製造しだして強烈な腕時計の外形を対比して、これはまた1回の全く異なる視覚が体験するのです。(腕時計の型番:1-39-11-10-90-34)


格拉蘇蒂はオリジナルは2019年に初めて“Spezialist”がシリーズSeaQ潜む水道のメーターを開拓するのを出した、私達の印象で中でいつも格拉蘇蒂はオリジナルなのが更に正装の表を重視するのが、は格拉蘇蒂は実はオリジナルが歴史の上でスポーツの表す伝統、SeaQ潜む水道のメーターがあった正に、を1969年の格拉蘇蒂の第一モデルの潜む水道のメーターSpezimaticTyp RP TS200を原本にして伝統に向って敬意を表するだと感じます。2019年から今年まで、格拉蘇蒂のオリジナルな絶えず豊富なこの製品ライン、それ表を作成する界の多いダイビングの表裏の1人の員の将軍になりました。

日常又特別オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターNekton版

潜む水道のメーターに話が及んで、現在のところの市場の上の選択は次々と現れます。しかし深く受けられますのが、オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーター、中の一つです。シンボル的な設計に頼って、同類の製品の中できんでているチップの品質が受けて友達の認可を表します。今日、私達は詳しく1枚のセイウチの300メートルの潜む水道のメーターを鑑別評定しに来ます。(型番:210.30.42.20.01.002)


この腕時計はブランドとNektonが協力する1枚の腕時計を組織するので、Nektonは一つが全世界の海洋の非利潤性海洋研究基金会を保護して管理するのに力を尽くすのです。オメガと海洋は悠久の歴史の源を持っていて、みごとにNektonとパートナーになります。

オメガにあるとように大家天文台は15000ガウスを認証して磁気を防ぎます

チュードルの青玉の湾の陶磁器型の盤面の上で、書いてMaster Chronometer字形があります。各位は発見して、オメガの盤面の上の印刷する字と同じです。これはチュードルためもオメガとと同じMaster Chronometerを獲得して認証します。ただ中国語の名前が異なって、チュードルは“大家天文台が認証する”と言ってオメガは“臻天文台まで(に)認証する”と言います


恐らく聞くプレーヤーがあって、どうしてオメガのは臻天文台に着いて、チュードルは。これはMaster Chronometerためで、スイス連邦計量科学研究院からテスト、公布する認証を行うので、誰も検査して、テストであることを送ることができに来て、テストを通じて(通って)だけが必要で、あなたにMaster Chronometer認証を公布して、時計の文字盤上で書くことができます。2015年、オメガは最初に受けて認証する名の時計をテストするのを始めるので、今チュードルは第2社が認証する名の時計を検査するのスーパーコピー時計NOOBに送るのです。

現在のところとして少ない“アワビの殻”に正装が表しを売っていて

度を知っているのを弁別するのブランドスーパーコピー服にとって、すばらしい“アワビの殻”の造型は右に出る者がなくて、アワビの殻は歴史は悠久な表す殻の造型にして、その時計の殻が平たくてまた狭くて長いため、外形はアワビにとても似ていて故に名声を得るのを回転します。前世紀60年代に広く流行っていのでことがあって、例えば欧密のナスCosmicシリーズは広く使っのでことがあります。カルティエの鍵のシリーズは腕時計がもっと多い復古を加えたためにこの造型設計、また優雅な趣を採用します。伝統の円形に比較して殻設計を表して、アワビの殻の現れた弧度は更に人間工学に合って、殻を表す形は首尾一貫していて、側辺からまるで三日月形、線のなめらかで富む動感を見ます。軽微でくねくねしている表す殻はとても良いのは計略の形に符合することができて、つける時腕時計簡単に滑ることはでき(ありえ)なくて、同時に手を切ると感じることはでき(ありえ)なくて、全体が感覚をつけるのが心地良いです。

青の風船を比較して、私はどうして更にカルティエの鍵にほれます

カルティエの鍵(CLÉ DE CARTIER)のシリーズを言い出して、多くの友達はすべて初めてのロレックススーパーコピーような気がします。それは言いふらす青の風船の高い調子がなくて、山度士の光り輝く歴史がもなくて、更に戦車とロンドンのすばらしい造型がなくて、カルティエの腕時計の中でとして感のわりに低いシリーズが存在して、鍵の風景のよく容易な布団は過ぎます。しかし、正にこの怒らないで火でない腕時計で、その多くて非常に優れている設計に頼って、依然として多くて素晴らしい場所があります。

Audemars Piguetがと女性の米Ralph&Russoに精通して成立して協力がパートナー関係好きです

今年秋季、相手の(AudemarsPiguet)はこれが高い名声の高級の表を作成するブランドに富を極めるのが好きで、女性の米のイギリスの贅沢なファッションのブランドRalph&Russoに精通するのと成立して協力してパートナー関係、皇室のゴムの木のシリーズと皇室のゴムの木の概念のシリーズに新しくモデルを表すように出しました。


家族企業なると、相手とRalph&Russoが持っていて同様に固める独立精神を受けてそのメンズファッション通販通りにするのが好きで、芸術と技術の怠らない追求について、2つのブランドはいっしょにの原因に行きます。固める独立精神を受けてその通りにして、悠久の伝統の技術を発揚するのに力を尽くして、活力を革新するのと無限なアイデアを奮い立たせて、今回相手とRalph&Russoがいっしょに最高の組合せをすることと言えるのが好きでした。

ロレックスは114270/114270“最もクラシック”の1世代を探ります

ロレックスは1探って、1989年の14270この世代から今日まで124270のこの世代、中間は何度(か)経験してモデルチェンジします。直してモデルの中で多くの論争が現れました。誇張しなかったのは言って、計算したのとを探って上最も“論争”のロレックスがありました。事は1989年の114270探ってからです。


1989年、ロレックスは114270探りを出しました。14270は思われて現代1を探る始まりです。114270探って、1世代が11016体の骨董を探って特徴(1963年~1989年)を表しになくなりました。14270の上で、サファイアの鏡映面、黒色の漆面を使いを始める、18Kプラチナの夜光の時に表示する、ロレックスの3000の自動チップ。そして36ミリメートルのサイズを維持します。114270探ってすでにとても近代的なことに見えて、すぐのロレックスと違いは何もありません。

ブランパンの月相の腕時計

もし伝統の月相皿を遊ぶのが面白くてかわいいことができたら、ブランパンは間違いなく義を見てためらいません。ブランパンの月相を言い出してと表して、みんなはでもすぐにそれの生き生きとしている月相の表情を覚え始めて、あるいはあるいはほほえみは甘やかして怒って、人の心の琴線をまかないものはありません。


前世紀70年代、時計界は石英の危機を経験していて、しかし私達はすべて知っていて、ブランパンは一度も石英の時計を生産したことがなくて、この時のブランドスーパーコピー服それ突破を求めるため、複雑な機能の腕時計を生産するのに力を尽くしを始めます。80年代まで着いて、ブランパンは月相機能を復興して、特別で、人を魅惑する月相の顔の月相に表すように出しました。

周囲無界カルティエのハンカチの莎のシリーズの41ミリメートルの時間単位の計算は時計を積み重ねます

カルティエの腕時計を言い出して、恐らく多くの人の最も早く思い付いたのは戦車、青の風船、山度士などのよくあるシリーズで、比較して言うとハンカチの莎はそんなに人気がないではありません。みんなはすべて知っていて、現代型番のハンカチの莎は1985年に発表されて、実は、ハンカチの莎は1932年にすでに誕生して、国内で流通時間はとても長いです。カルティエは去年にハンカチの莎のシリーズの腕時計に対して改めて革新を設計して、出す新世代のハンカチの莎は人を驚かせます。今年、カルティエは再度出して、ハンカチの莎のシリーズの全く新しい時間単位の計算に時計を積み重ねるように出して、私達も幸運にも上海の高級な時計展の上でこの時計を見て、今なお忘れ難いです。

«891011121314151617181920»

きわめて貴重なブログ。Copyright by 作者【坂木正寛】:www.qualityfirst777.site