坂木正寛創作

きわめて貴重なブログ

暗黒道化者万聖狂喜CorumコルムBubble Clown泡の道化者の腕時計

スイスハイエンド制表ブランドCORUMコルムは登場から、全く新しい領域の勇気を探求して懸命にと革新するのに頼っていて、業界の内で公認したのになって最もアイデアのブランドの中の一つを備えます。CORUMコルムがハロウィンまで出会う時に、奇妙な考えが自由で沸き上がります。独立独歩する米国の芸術家MattBarnersは普通の道の美学の概念を行かないで、BubbleClown泡の道化者の腕時計を製造して、やるのはおかしくて十分で、遊んで万聖を回転します。


米国の芸術家MattBarnesは1人が普通の道の美学の開拓者を行かないのスーパーコピー時計です。彼は流行っている文化を浸潤して、“保守的な派”と最新の流行を渾然と解け合って、才気が溢れて、目が非常に優れています。制限する88のBubbleClownは彼とCORUMコルムの第2回が協力するので、大胆な道化者のイメージをは時計の文字盤の中央で映って、個性と力を明らかに示して、人に視線を移し始めることができません。

漢のミルトンの過去、今と未来

漢のミルトンは表を作成する界が悠久で光り輝く歴史を持っている、今までのところブランドの発展史上で無数な一里塚を成し遂げました。1892年にの漢のミルトンを創立して深く米国で根を下ろします。ペンシルベニア州ランカスター市は漢ミルトンもと制表工場の所在地で、会社の創建の後での111年の中にずっとここを本部にします。 


漢のミルトンは最初に初期の米国鉄道ので中で有名になるのです。その時、米国は強力に基礎建設を建設していて、漢のミルトンは精密で正確な腕時計を供給するのを始めて、鉄道の上の時間単位の計算シンクロナイズして、助けは予想外を予防して減らします。

ブライトリングはブランドの“海、6、空いている”の三大テーマをめぐって優雅なのまた神秘的な雰囲気を描き出します

鳳凰センターの内で、ブライトリングはブランドの“海、6、空いている”の三大テーマをめぐって優雅なのまた神秘的な雰囲気を描き出します。2008オリンピックの上で“突然世間をあっと言わせる”の北京は打って1本の当地のIWCスーパーコピートップクラスの芸術家からなる管弦楽隊と打楽器を用いる音楽の芸術団をふくらまして、全体の賓客のために1度の人の心を奮い立たせるまた味わい深い現場の音楽を持ってきて出演します。優美な興奮する音楽は会場の特有な魅力の雰囲気がまじってとと着く一緒に、整場を遅く飾りを添えてほど良いです。   

IWCのパイロットの腕時計の朕の品物はサザビーズで取引が成立します

ジュネーブ――スイスの表を作成する名家のシャフハウゼンIWCの1件の朕の品物の時に30、000のスイスフランでサザビーズの競売店の成約で計算します。この枚IWCの大型のパイロットのカレンダーの腕時計の“アントニウス・聖人のヨモギが百の中で修理する”の特別な版は18Kプラチナを採用して殻を表して、そのオークションのインカムゲインは全部をアントニウス・聖人の艾修の百里の青少年基金会に寄贈して、Arrimageが展開する多いプロジェクトに力を合わせるのを支持する、前衛の芸術と教育のシンポジウムを含んで、初めて障害の子供触角を通じて(通って)絵画を感知するのを譲って、自ら聖人の艾修の百里のクラシックの作品《小さい王子》の原版の挿し絵を読んで本を描きます。

ティソの王子のクラシックのシリーズは百年腕時計を紀念します

時間風格を銘記して永久に存在します


流行しまたたく間に過ぎ去って、ただすばらしくて永久不変で、立ちこめてい彩り豊かで美しいストーリの時間職人に絶妙な設計間を貯蓄させられていて、ここから十分に後の世まで伝わるクラシックを形成します。ティソは腕時計の往来が頻繁な時間の長い廊下(回廊)を表して、時計の文字盤のポインターを1916年まで動かして帰って、もう1度刻む形式でティソの王子のクラシックのシリーズに百年腕時計を紀念するように出して、20世紀初めのきんでている技術を再現して、1段をロシアからスイスの艱苦の旅の一幕一幕まで(に)手首の間で開きます。

ROGERDUBUISロジャーとヤマナシの相手のExcalibur Millésimeの時に計算して震撼して世間に現れます

周知のように、RogerDubuisロジャーとヤマナシは相手はハイテクの領域から(航空・宇宙の領域のようだ)が創作のインスピレーションをくみ取りを得意として、そして表を作成する材質が複雑な機能上でと絶えず技術の境界線を突破しているのに力を尽くして、傲然と新しい工夫をこらす時計算する作品を創造します。そこで気位の高めて、果敢で恐れることがないExcalibur王者のシリーズはロジャーとヤマナシの相手の最も特に可愛がったのブランドスーパーコピー服になって舞台が現れます。

盛んな刺し縫いする海SUBMERSIBLE専門のダイビングMARINA MILITARE CARBOTECH腕時計

盛んな刺し縫いする海は専門の潜む水道のメーターSUBMERSIBLEをLUMINOR 1950シリーズの中から独立してきて、SUBMERSIBLE潜行するシリーズと命名させられます。全く新しいSUBMERSIBLE潜行するシリーズはほぼすべてとても色合わせ設計、潮を採用しました!


新しく盛んな刺し縫いする海SUBMERSIBLE潜行するシリーズが最も話題性の1モデルの腕時計を備えるのがこのMARINAMILITARECARBOTECH腕時計(腕時計の型番PAM00961)であるはずです。腕時計が殻を表しを含む、小屋を表す、冠を表して橋装置をかばって皆堅固なcarbotech炭素繊維の複合材質を採用した、この材質は盛んな刺し縫いする海から真っ先に高級の表を作成する界を取り入れて、炭素繊維を主要な成分にして、チタン金属より更に小さくて精巧に、精密な鋼より更に堅固です。腕時計の直径の47ミリメートル、とてもすばらしい盛んな刺し縫いする海のサイズです。腕時計設計の全体は黒色を主なにして、細部所はカーキ色を採用して、に飾りを添えますかSuper-LumiNova®夜光の上塗りは時計の文字盤の上のレディースファッション通販ポインター、時を表示して回転して暗い中はっきりしているに明らかに小屋を表させる。腕時計は1条のカーキ色のゴムの腕時計のバンドによく合って、心地良くて丈夫にまた軍をはっきりと示して風格を表します。腕時計は盛んな刺し縫いする海の自制するを搭載しますP.9010は自動的に鎖の機械のチップに行って、3日を持つ動力は保存します。底を表してかぶせて“Comsubin”の標識を彫り刻んで、腕時計のテーマに呼応します。

すべて陀はずみ車を知っていて、ラッセルをそのように押さえますか?

腕時計の複雑な機能を言い出して、三大複雑な機能の中の一つ陀はずみ車は絶対に最も有名な中の一つで、周知のように称する資格があります。プレーヤーの収集はやはり(それとも)ブランドが技をまぶしく刺して、陀はずみ車を注文していないいつも人にあまり高くて大きくない上に感じさせるのだであろうと。でも、陀はずみ車が少し表す人をわかってもしかするとすべていちいちもっともなことができるのを話し出して、しかし陀はずみ車とたいへん似ている押さえるラッセルについて、理解する人はそんなに多くなりませんでした。何はラッセルを押さえるのですか?ラッセルと陀はずみ車を押さえてどのような違いがあって、それらはまたどうして異なる運命を持っていますか?

宝の齊莱愛徳瑪爾の腕時計(Adamavi)は純粋な愛を目撃証言します

愛情、溶けるようでたこの成蝶の過程、時間は唯一の目撃証言です。すべての愛情の過程はもしかすると違う所があって、心の中は好きな信念に対して経歴のをすべて愛情の途中の同じではない景色にならせて、悟りの果を得るあの15分は最も暖かくて幸せだです。時間流れる水のようで、私達は時間駐留することができなくて、しかし時間は愛情の最も貴重な追憶に関して私達の心の中を目撃証言することができます。バレンタインデーただ分かりやすいのは互いに決してプレゼントを送りなくて、互いに言って愛慕して、私達に聖人の弟子のバレンタインが最も清らかな愛情の意味に関してこの特殊な日を与えるのためをしっかり覚えさせるです。宝の齊莱このバレンタインデーにすべての愛し合った人のブランド時計コピーために捧げる時計算する佳作、簡単に質朴なのがあるいは高い調子の激烈な愛情なのにも関わらず、すべて一挙手一投足間双方のためで最も純粋なぐらいを下へ記録することができます。

ジャークの独ルーマニアの月相の大きい秒針のスイスの特別な版

もし表を作成する技術の発展は天文学に源を発したら、それでは月はその中で極めて重要な効果を発揮しました。それは古人に時間の一応区分するのを理解させて、および1年中の交替で交替して、ここから経験して時間昔の不変のリズムでゆっくりと時間の“循環する”の理念の理解に対して流れ去ります、更に明確だ。 


時間が曇って晴れな円が変化の月(三日月、上弦の月、生後満1か月の祝い、次の弦月)が欠けるのが現れるのに従って、ロマンチックな詩情の元素で表を作成する技術を与えます。それは精密で複雑な機械の構造のために水の特色のようだこの神秘の天体のやさしさを注ぎ込んで、これは地球の最近の衛星までけれども、依然としてたくさん人となりの知っている秘密でないを埋蔵しています。“月の暗い面”はずっと宇宙の探求の中で最も推し量りにくい秘密の境の中の一つです。

探険のシリーズは今まで漢のミルトンのが鼎のを担いで行うのです

“名が1時に動く”、“広く称賛を受ける”、“時計の謎が合い争って支持する”、以上は1957年に探険する腕時計登場の今なお獲得するいくつか評価です;それは第一モデルの電気エネルギーが腕時計に駆動するので、独自の旗印を掲げて、長い間がたつますます新しい流行の手本です。


探険する腕時計は本領を改めないで、ずっと流行する最前線に立って、つける者と同じに個性を独特なものとして持って、抜群に優れているのは新しくモデルを表してもこの風格の特質を踏襲します。銀色の時計の文字盤の組み合わせは精密な鋼を売り払って殻と精密な鋼のフレキシブルな時計の鎖を表して、シャンパーニュの色の時計の文字盤のモデルは黄色の金色によく合って殻とフレキシブルな時計の鎖を表します。各色調は全てシンプルな黒色の皮革の腕時計のバンドを選択組み合わせすることができます――1957年の原型のようだモデルを表します。 

パテック・フィリップの5172G-001手動の時間単位の計算の腕時計

贅沢なブランドがすべて若いミレニアムの1世代の若い消費者に歓心を買いを始めると言って、少しもにせでない。パテック・フィリップのこの2年の新型の中からもこのような試みを見抜くことができます。でもこのような試みは比較的抑えて、例えば上のドリルの緑の手榴弾、この5172G―001手動の時間単位の計算の腕時計、すべてとても若い流行がまだあります。特にこの青の円板ゲージの時に時計を積み重ねて、1条の声がかれてつやがある艶消しの皮バンドによく合って、大いに腕時計の流行する度を高めました。腕時計はプラチナの材質を採用して、円形の彫刻装飾の紋様の押しボタンと3層によく合って耳を表します。

«12131415161718192021222324»
最近の投稿
日历
ブックマーク
Tags列表
カテゴリー

きわめて貴重なブログ。Copyright by 作者【坂木正寛】:www.qualityfirst777.site