坂木正寛創作

きわめて貴重なブログ

Piaget伯爵のロマンチックな祝いの贈り物の深い愛はお相手をして共にSunny Side of Lifeに入浴します

情の中の一つの字、だから世界を回します。2粒の愛し合う心が互いに当たる時に、愛情の火花の開放間で、ここから生命も明るくつけます。Piaget伯爵の結婚式のシリーズは恋人間のいつまでも変わらない愛を誓う承諾を目撃証言していて、同じく聞いて互いに知り合いになって互いに守る誓いの言葉、きらきら光って人を魅惑するダイヤモンドとバラの金、プラチナで勝手にとけ合って、不朽な愛情を幸せに彫り刻んで、生計を立てて極致のまばゆいきらきらと美しい光芒に命中するのに変化して、新郎と新婦が夢まぼろしのSunnySide ofLifeを開きに伴って、1段の派手でたおやかな人生の旅に下へ歩み入ります。

ブランパンBlancpain“繁雑な巨匠を御する”の大きくて複雑な腕時計展の第一駅は地面につきます

即日、スイス高級制表ブランドブランパンBlancpain2018“繁雑な巨匠を御する”の大きい複雑な腕時計展の第一駅は南京で出航します。今回の展覧展出数枚ブランパンのヘビー級の大の複雑な腕時計、ブランパンだけある三大複雑な機能――ラッセル、中華のカレンダー、機械の測深儀を押さえてもその中にあります。


“クラシックの時計算する創建し営む者”のブランパンは誕生するのは1735年に、スイスジュラ山脈の脈に起源します。ブランパンのチップ工場と大きくて複雑な表を作成する労働者の坊は時計の“シリコンバレー”のジュラ山脈の谷に位置して、業の内で新鮮なあるものがAからZまで(に)全く自主的に、研究開発、生産、組み立てと販売するスイスの高級の表を作成するブランドを設計することができるのです。

北京が霊感のシリーズの腕時計の設計の霊感を表すのは正に星に生まれて月光を渡すです

星は月光を渡して、いままでずっと女性のロマンチックな天性の最も良い解釈です。北京が霊感のシリーズの腕時計の設計の霊感を表すのは正にこのに生まれるです。空いっぱいの星は天空の下にひっそりとくるくる回る消息のがなくて、時々明るくて、時々暗くて、まるで天の川が色鮮やかで美しくて、最も心が動くのです。北京は霊感のシリーズの腕時計を表して天然真珠のバイモの盤面化をしなやかで美しくてしなやかで美しい円の月の造型に行って、1枚の真珠貝のマザーボード、色合い、光度としわはすべてただ1つでで、担当するのが時間のから慌ただしくて、ずっと長い間がたつのがますます新しいです。

アテネはマネージャーのサイドオープン陀はずみ車の腕時計を表してカンヌ国際映画祭に見得を切ます

カンヌ国際映画祭、5月11日――デンマークの役者MadsMikkelsenがカンヌの影祭の聖人の殿の石段に足を踏み入れる時、カンヌの金色の日光はこぼれ落ちて次、彼につけさせたアテネは表して華麗でしかもまばゆい光芒に明滅しています。


2018年のカンヌ国際映画祭の上で、MadsMikkelsenは彼の新しく様々な危険に出あう映画《北極》を持ってきました。彼が選ぶのはこの腕時計をつけるそれが人の持ってくる印象にため:優雅で、強靱で自由に自由にふるまいます。アテネは《マネージャーのサイドオープン陀はずみ車の腕時計》バラの金のデザインを表して彼の映画の中で演じた役と完璧に符合するだけではなくて、同じく彼のスクリーンの以外のイメージと一致します。これは1モデルが冒険的な者の腕時計に属するので、あれらが成功が10%の霊感のその上90%の汗の智者のようなことにわかるために製造したので、あれらの明らかな芸術の魅力のためにあったのです――効率のために美感の紳士に命を捧げて製造するべきでありませんでした。JoePennaの監督した映画《北極》の中で、MadsMikkelsenは扮するの1名の飛行機墜落事故の生存者で、彼は極めて悪い気候の中で一回を逃して機会を救援して、そこでどうしても苦難に満ちている選択を行わなければなりません:もう一つの個が機会を救援してやはり(それとも)知らない領域に入って危険を冒して自らを救いを引き続き待つのです。MadsMikkelsenは映画の中で冒険家の役として、有名な古代ギリシアの航海家のユリシーズに似通うのはそんなに強大で、自信、彼は北欧を通り抜けて一回の人生を変える気候の変化を行って考察します。この映画の表現したテーマはスイス高級時計メーカーと環境を保護する熱烈な期待に対して誠心誠意と努力して偶然に一致します。

PIAGET伯爵Possessionとあなたがともに過ごすのが入り乱れています

Possessionすばらしいトーラスは恋人に彼女のために世界の勇気を回しを与えて、すばらしい愛と祝福に時空間を通り抜けることができて、ひっそりと幸福と温かみを見守って、お相手をする恋人は濃い情の甘いイタリアの時間をともに過ごして、貴重な追憶を収集に銘記します。


Possessionシンボル的な回転するトーラスを設計の霊感にして、伯爵は全く新しいレディースの腕時計のシリーズを出して、黄金、ダイヤモンド、精密な鋼と各種の装飾性宝石を精選して、力の人目を引きを表現して色を合わせるのに富を極める選択して使用して、伯爵SunnySide ofLifeブランドの哲学を解釈して、あふれ出ていて自由にふるまう色の創造力で生命の中で最もまばゆい時間を紀念します。

Chopardショパンはブランドと“世界の最も美しい車試合”の協力30周年を楽しく祝います

MilleMiglia千里は競って激しく試合を始めて、同時に、1988年からずっとMilleMiglia千里を担当して長期を競ってパートナー兼政府のサイクルコンピュータの供給商ChopardショパンがMilleMiglia千里試合いっしょにともに過ごす30周年を迎えますと。今回の試合参加の骨董の車は440台全部で、それらははるかに1600キロメートルの地雷(水雷)を仕掛ける西アジアとローマ、道のトスカーナまで往復します。この激烈な競技がただ受けて1927年~1957年間に大規模な車試合の骨董の車に参加したことがあってことがあるだけたたかいに参与します。

柏莱士の髑髏のシリーズの最新の成員―BR01 LAUGHING SKULL

いままでずっとBell &Ross柏莱士は跳んで骨組みを脱ぐことが好きで、常規を転覆して、考えが自由なのに関わらず駆け回ります。今なお創立してから、Bell&Rossがずっとアイデアの並外れている概念を製造するのを堅持する時計算して、これはすでにブランドの遺伝子の分割してはいけない1つの特質になりました。


この遺伝子を踏襲して、2009年発表するBR01“Skull”の腕時計はSkullシリーズの流行する潮流を御する先駆者になります。この成功の勢いを踏襲して、Bell&Ross柏莱士は2011年に2モデルの制限したのパテックフィリップコピーを発表して行って、その中は有名なBR01を含みます TourbillonSkull腕時計。2015年、第3版は発表されます。このシリーズは青銅を採用して殻を表して、このような物は時が経つにつれて次第に酸化すると推測して、そのため、1枚の腕時計はでも変身してただ1つだになったのは行います。、は2016年にBell&Ross柏莱士はBR01で BurningSkull概念は表して卓群のアイデアを再現します――殻を表して黒い漆で扮するのを彫り刻んで、人に思わず刺青する芸術家の使うインクまで(に)連想させます。

時代の情勢の俊傑:飛行する百種類のぐらいIWCのパイロットのシリーズの腕時計

20世紀の80年代以降に、パイロット精神を伝承するため、同時に多様化の現代に体験をつけるように満足させて、新世代のパイロットの腕時計は次々と誕生します。2002年、大型のパイロットの腕時計(型番:IW5002)はIWCの飛行一族に参加して、性能のきんでている5011型を搭載してチップを自製して、46.2ミリメートルは表して直接ブランドの大きいサイズの腕時計の戦いチームの1人の員になります。2003年、IWCは初めてイギリスの伝奇的な戦機を名にしたのに怒る戦機のシリーズを噴き出すように出します。この結合は当時優秀な技術の戦闘の機械用がきんでていて横暴で重厚な1筆を描き出します。2005年、IWCとアントニウス・聖人の艾修の百里の基金会はパートナー関係を結んで、そしてアントニウス・聖人の艾修の百里のシリーズの腕時計とシンボル的なタバコの色の時計の文字盤で敬意を表しますこちらの偉大な人道主義者。2007年、TOPGUN海軍空中戦部隊のシリーズの新しい晋は加盟して、吸引力の材質、現代化の技術とずば抜けている性能を高く備えて鉄の骨の男のになって2のが選びません。2016年、IWCは再度何モデルも献呈して複雑な機能のパイロットの腕時計を搭載して、その中の大型のパイロットが腕時計の55と大型のパイロットを伝承して腕時計48の大きいのを伝承して大いに小道と正統的な外観と1940年の歴史的重要性を表してモデルを表すきわめて近くて、入念に非常に細かいです。

ブレゲType XXI 3817時間単位の計算は時計を積み重ねます

表を作成する領域以外、もしブレゲの一族はまた(まだ)どの領域で名声が遠くまで聞こえたら、それでは間違いなく航空業です。この声望のは創立して、おじさんによってめったにない―ルイ・ブレゲ先生の第五代の孫の世代を引き延ばします――ルイ・チャールズ・ブレゲ(Louis Charles Breguet)。彼はブレゲの大家の革新精神を受けてその通りにしていて、先祖の一度も足を踏み入れたことがない領域で偉大な功績を作ります。彼はみごとにヘリコプターの前身の回転翼式航空機を研究開発しただけではなくて、また(まだ)豊富な経験とこの領域にある全面的な構想に頼って、1916年に“ブレゲの14型”の戦闘機を開発しました。1917年~1926年間に、推測するを通じて(通って)、相前後して仕入れて8000のこの伝奇の型を誘う15の国家があります。あとで、彼はまた(まだ)次々と“ブレゲの19型”(Breguet19)、ブレゲの“双橋”の旅客機(DoubleDeck)などのその他の型を出しましたと。ルイ・チャールズ・ブレゲと彼の創建した航空会社が肩を並べるの前にと行のため、ブレゲの時計会社は運転手の客室のゲージ板に適用する時間単位の計算のメカニズムを研究開発しだして、そして生産開始のパイロットは表します。1935年、ブレゲはおして時間単位の計算の腕時計を告発します。約20年後に、ブレゲはフランスの軍の側のためにTypeXXを開発してモデルを表します。1980年代の初め至って、フランス国家空軍と海軍は依然としてこのブランドコピー時計モデルの名声が高い時間単位の計算を配備して時計を積み重ねます。

バセロン・コンスタンチンOverseasは全国各地のシリーズの時間単位の計算に縦横に走ります

風雅な興趣の時間――写真の中の記憶


天真爛漫な子供の時間、


無数な張のすばらしい記念写真を残しました。


ベランダの上で紙の飛行機、公園の小さい河辺の折り紙する船が飛び出して、


流れる時間、1枚の白黒写真、


記憶の中で少年時代お父さんの星の海を記録しますと。


この心を連れていて、全国各地に縦横に走ります。

みずちは隠れる青色の波に潜み隠れます――金は縁起が良い竜の頃の小針皿を彫ります

春分天へ登って、秋分潜む淵。中華民族の瑞祥のトーテムとして、竜はずっと胸に大志を抱くので、日の吐くシンボルを飲み込みます。ジャークの独ルーマニアが18世紀に初めて中国大地に足を踏み入れる時、立脚して自分の文化、探求して竜のすばらしいイメージを解釈します。外国の職人にとって、1平方寸の時計の文字盤の間が欲しくて詳しく徹底的に竜の風格と趣、決して簡単なことでないをの表します。


すべての手製で彫刻する黒色の真珠の雌の貝の時計の文字盤、全体の金色の縁起が良い竜が彫り刻んで彫刻する処理を経た後にやっとまた時計の文字盤の上で象眼して、双眼、竜の爪、うろこの大小は余すところありません。つやがある影は織りなして、表情と態度が威厳があって、海の浮遊間で見えつ隠れつします。赤い金の光沢は時計の文字盤のしわをも波がきらきらと輝かせて、金竜の劇の水はまねてもし生き生きしていて、まばゆいほどに美しいです。金は縁起が良い竜の頃の小針皿のロレックススーパーコピー腕時計を彫って、中国の古国のトーテムとジャークの独ルーマニアの巧みで完璧な微彫の技巧が完璧に結び付けるので、称することができて1モデルの後の世まで伝わる傑作になります。

ティソの杜ルールのシリーズの腕時計

心の“芯”の互いに引き立て合う使用時の光記録の好きな足どり


永遠に、いつも1つの誓いが誠実で信用できる初め;永遠に、いつも童話のストーリの完璧な結末。しかし永遠に一体どのぐらい離れていますか?1つの花のは永遠に1つの花期;1度の雪のは永遠に1つの冬。愛情にとって、永遠に、時間の洗礼を経た後に、双方はとっくに生命の中で不可欠な一部分になりました。いかなる楽しいのロレックススーパーコピーがあるいは気落ちする事に出会って、最初に腹を割って話したい人便はTaです。Taの付き合う毎分毎秒を記録してと、不可欠な便は時間の目撃証言です。ティソの杜ルールのシリーズの腕時計はその集中した創意の技巧と精致な設計の細部を恋人にして臻のロマンチックな時間まで(に)製造します。

«10111213141516171819202122»
最近の投稿
日历
ブックマーク
Tags列表
カテゴリー

きわめて貴重なブログ。Copyright by 作者【坂木正寛】:www.qualityfirst777.site