坂木正寛創作

きわめて貴重なブログ

“手製で作って、決して妥協しありません”流行デニム桃太郎xオリス

《桃の太郎》は日本で津々浦々に知れ渡っていると言うことができて、日本の有名な独立のデニムのブランド――桃の太郎(Momotaro)のブランドの名称はおよび、便が出所とこのを表します。流行する圏内で、桃の太郎(Momotaro)はその職人精神“手製で作るため、決して妥協しなくて”、デニムの愛好者達愛顧を受けます。今のところ、スイス制表ブランドオリス(Oris)の手を携える桃の太郎のデニムのブランドは65年の復刻版潜水する腕時計で創作のインスピレーションとして、共に1の65年だけ復刻版の潜水する腕時計を製造して有名ブランドを連ねます。外観の最新流行が流行して、復古ファッションの魅力をかなり備えます。次に、私達に共にこの腕時計を鑑賞させましょう。(腕時計の型番:01733 77074337―Set)

双方はいっしょに1枚のRM40-01邁凱倫SPEEDTAILに自動的に鎖陀はずみ車の腕時計に行くように出しました

話が及んでとても走って、脳裏の中で疾走する邁凱倫、なめらかな線はありありと抜きんでます。そのように話が及んだのが腕時計の中で最も邁凱倫とふさわしいことができて、疑いをはさむあの一定は1里のチャドのミュアー(RICHARDMILLE)である必要がありません。2つでいちばん協力する5つ目の年数を流して、双方はいっしょに1枚のRM40-01邁凱倫SPEEDTAILに自動的に鎖陀はずみ車の腕時計に行くように出しました。


聞くところによると、このブランドファッションコピー腕時計は敬意を表し邁凱倫ために今なおスピードのもっとも速くて最も先進的で最も尋常でない道路の車のモデルを生産しました――Speedtail。2つの業界はいちばん出す制限する腕時計を流して、一体どんなの輝点がありますか?

全く新しいSenator Cosmopolite議員の世界の時に腕時計の全体設計は首尾一貫していると言うことができて

12時に位置は郷里時間と郷里の昼夜の情況を表示して、2時の位置の表す冠つまり可変の学校の郷里時間。同時に小さい時計の文字盤の内でまた(まだ)アーチ形の動力が設置されていて貯蓄して表示して、動力の不足の時直ちに腕時計の上で鎖のためつける者を気づかせることができます。6時に位置は小さい秒の皿です。目的地時間は中央の時計の針と分針から指示して、9時に位置は当地時間の昼夜の表示皿が設置されていて、4時に位置はブランドのシンボル的な大きいカレンダーの窓口で、当地時間は4時の位置の表す冠を通じて(通って)学校を加減するのを行います。学校の時間を加減する前に、先に郷里時間、目的地時間がとを標準時区に対応するのが学校を加減しなければならない正しいです。次にその他に1つの標準時区の時にまで(に)出張して、4時回転して位置の表す冠時間を調整して、8時に位置の標準時区は引き続き相応する標準時区まで(に)跳んで、操作はとても簡単です。

高級な機械の表を作成する技術の米IWCのポルトガルのシリーズの万年暦の腕時計を明らかに示します

万年暦は最初に大型のクロノメーターの内で、1920年代以降で懐中時計のチップ、それから腕時計にも用いられる中でよくありに見えます。しかしその構造はきわめて複雑で、非常に決してヒューマナイズしなくて、部品はどのくらい(とても)しかも繁雑に言わないで、全てはすべてそれぞれの押しボタンから単独で設けるのを表示して、つける者が操作し始めて容易に実際に属しありません。1985年、伝奇の表を作成する大家のクズ珞この(KurtKlaus)は1枚で新型を作って万年暦の機械のチップを自製してこの難題を解決して、万年暦の新しい道を創造しました。2020年、IWCポルトガルのシリーズは帆をあげて出航して、万年暦の腕時計の“高級品店の特別な版”を出して、再度ブランドの並外れている技術と巧みで完璧な技術が現れました。(型番:IW503312)

イラクの賢い女神のシリーズの腕時計はバセロン・コンスタンチンの並外れている創造力です

バセロン・コンスタンチンは専門的にこのために表す時設計を表示しても意図に相当して、手書きの立体の数字の時に張力を表示するのが十分で、人に精巧で美しい刺繍を連想させて、すこぶる何分(か)の古典の風格があって、藍白の入り交じる非常に細いポインターは高級なオーダー制のファッションの中で指の間で柔軟に往来が頻繁な細い針で呼応しました。


普通な腕時計の表す冠は3時に位置を設けて、この腕時計の表す冠は1時と2時間にあって、これはバセロン・コンスタンチンがふと考えが浮かぶのではなくて、この設計はバセロン・コンスタンチンの有名な骨董で表して“米国の1921”の上で現れたことがあります。表して冠の上で扮するあるのは落ち着いて静謐なアーチ形が月光の石を切断するのを象徴して、腕時計に更に落ち着いていてあっさりして上品にならせます。

宇の大きな船を40年来通って絶えず得る実り多い革新の成果を探求するのに表のが完璧です

色はずっと宇の大きな船が不可欠なのを表して元素を設計するので、2016年から、宇の大きな船はサファイアになって着色する前衛と形を作りを表します。継ぐのが透明だ、たばこが黒い、青いと赤色の後で、黄色、加入して宇の大きな船の表す色まで(に)中を押さえます。全部の塊の腕時計の表す殻はすべて黄色の透明なサファイアを採用して製造してなって、色はすっかり理解して鮮明です。殻のサンドイッチの構造を表して、分けて小屋を表して、殻の上の部分、中部と下部を表して、


この直径は45ミリメートルのBigBangUnico虹の腕時計のために388粒の明るい形を埋め込みしてカラーの宝石を切断して、ルビー、ピンクのサファイア、アメジスト、青いサファイア、青いのがハンカチの石、沙弗莱と石、黄色のサファイアとダイダイ色のサファイアを頼みを含んで、虹の含んだ七種の美しい色をその中に溶け込みます。小屋を表して48粒の長い階段の台形を象眼して宝石を切断して、時計の文字盤のなめらかなアウトラインのを描き出して同時に一般のものロレックスコピーとは異なる大胆で精致な格調を製造しだします。それ以外に、虹は色を合わせて更に天然ゴムとワニのサメ皮の解け合ってなったこう質のワニの皮バンドまで(に)延びます。

盛んな刺し縫いする海LUMINOR1950シリーズPAM01351腕時計

製品の型番:PAM01351

腕時計の直径:44ミリメートル

チップのタイプ:自動的に機械的です

チップの型番:Cal.P.9010

殻の材質を表します:艶消しのチタン金属

防水の深さ:300メートル

腕時計は講評します:盛んな刺し縫いする海は最初イタリアの皇室海軍のために精密機械と腕時計を作ったので、今まですべて精密な機械ときんでている品質で有名です。みんなのよく知っているLuminor1940はすばらしい枕の形を表して殻、平たくて広々としている表す枠を表してすべてこの1950シリーズの腕時計の上で見ることができて、復古の趣が十分です。44ミリメートルの艶消しのチタン金属は殻よく合い茶褐色の時計の文字盤を表して、夜光のアラビア数字と時間の標示を配合します。3時に位置は設けて期日表示して、9時に位置は小さい秒の皿を設けます。スーパーコピー時計NOOB時計の文字盤と腕時計のバンドはとブラウン系で、落ち着いて上品です。腕時計はCal.を搭載しますP.9010チップ、72時間の動力備蓄物を提供することができます。

オメガのセイウチの海洋の宇宙の600メートルの潜む水道のメーター

最新のデザイン:アメリカカップの帆船はバージョンを競います


風格:専門は潜水して、流行


セイウチの海洋の宇宙の600メートルの潜む水道のメーター、国内の俗称、セイウチPO、POは英文の名称planetoceanの略語です。たとえばセイウチPO8900、つまり8900チップのセイウチPOを使いを代表します。


セイウチの海洋の宇宙、セイウチのシリーズの中“加強版”の専門の潜む水道のメーターで、600メートル水を防いで、前のセイウチの300メートルの性能に比べて更に1歩進めます。同時に、セイウチの海洋の宇宙ももっと大きくて更に厚くて、配置ももっと高いです。セイウチの海洋の宇宙は陶磁器を使って小屋を表して、陶磁器の閉じ込める目盛りは液体金属を穴埋めするので、かつカラーが表すのが一部を閉じ込めるカラーのゴムを注ぎ込むのです。4分の1のダイダイに似ていて、最も有名な型番で、腕時計は専門性能を維持する同時に、更に流行します。同時にセイウチの海洋の宇宙の盤面も陶磁器のです。

極致の潮流アテネはサイドオープンXマグマの腕時計を表します

初期の天文のサイクルコンピュータが単独で運行する機械的な時計まで(に)、またそれから本当に意味に着く上から表す出現、腕時計の既存のいくつ(か)の世紀の深い歴史。いまどきになって、表を作成する技術はすでに発展するのがとても熟していて、それぞれ大きい腕時計のブランドはもっと腕時計のが現れるに形式上革新するのです。革新を言って、材質を革新する運用に対してまだデザインの突破なのにも関わらず、アテネは表してすべてその中の極めて優秀な人と言えます。最近、私達はアテネのサイドオープンXマグマの腕時計をもらって、それの顔値は実力と共存して、人に目を通して忘れ難くさせる。(腕時計の型番:3713-260/MAGMA)

大きい見える火のエナメルのジャークの独ルーマニアは期日大きい秒針の腕時計を表示します

ジャークの独ルーマニアの大きい秒針の腕時計、18世紀からずっと高級の表を作成する領域の設計の手本の中の一つに誕生して、独特なえこひいき設計で大きい秒針設計によく合って、美学の見解の理念についてジャークの独ルーマニアを解釈します。ブランド去年の初めに全く新しい期日の表示の大きい秒針のシリーズの腕時計を出した、前にみんなに紹介したことがあるそれ更に備える現代の息の噴き出す砂の時計の文字盤のデザイン、それでは、今日中からまた選び出す、1枚積載するブランドの最も人気で大きい見える火のエナメルの技術、ダークブルーの時計の文字盤のデザインみんなのために詳しく紹介する、この腕時計の型番なりますJ007023201。

全く新しいセイウチの300は臻天文台まで(に)公式サイトの現物を表して初めて発行します

よく友達を表してフォーラムと評論の時“好きだと言いを見て、しかし”、“使ってすべて現物”これに類する感慨をしぼむか待てなくなってからの商品がありません。さすがに良い時計縁と、逃してもまた待ちにくいです。


職業の関係のため、私はよくしゃがんでそれぞれ大きいブランドの公式サイトで守って、新しい時計の情報を調べてあるいは見てみるのが記者会見がありますか。今日私にしゃがまれてオメガ(OMEGA)の2021年発表する全く新しいセイウチの300が臻天文台まで(に)まで(に)表して、今で、この時にあって、オメガの公式サイトの現物で初めて発行しました!まだ早く自分で1匹予約するに公式サイトを開けません!

超美が機械的です:Tradition後の世まで伝わるシリーズのゴマの鎖陀はずみ車の腕時計

ブレゲTradition後の世まで伝わるシリーズを見た時、みんなの第1が時計の文字盤の上のチップの構造に引きつけられたのを信じます。私達の見た伝統の腕時計と異なって、ブレゲはチップの構造の外付けを盤面の上で、機械的な美感を現します。Tradition後の世まで伝わるシリーズのゴマの鎖陀はずみ車の腕時計はこのシリーズの重要な時計のモデルで、同時に陀はずみ車とゴマの鎖装置を搭載して、機械の効果はとても強くて、人に乗りかかった船。


そしてTradition後の世まで伝わるシリーズのゴマの鎖陀はずみ車の腕時計が常規の腕時計に似ていないのが同じで、チップの構造を正しく時計の文字盤上で並べます。ブレゲは発見して、チップ装置を30度回転して放置して、1時~7時に沿ってで、4時~10時、構成したつりあいがとれている配置、更に人の魅惑に見えます。陀はずみ車装置とえこひいきする時計の文字盤の向かい合う而立、ぜんまいの箱と宝の段車もつりあいを形成して、時計の文字盤上で現れます。

«10111213141516171819202122»

きわめて貴重なブログ。Copyright by 作者【坂木正寛】:www.qualityfirst777.site