坂木正寛創作

きわめて貴重なブログ

ブレゲ(BREGUET):精密で精巧に感動させる時間を磨きます

装飾性丸くない真珠が花彫を彫刻するのは刻む古代ギリシアの芸術の形式に源を発するのです。彫り技術の起源について、人々は意見がまとまりません。いくつか人はフランスの技師の良いルーマニア(Guillot)が機械で動く旋盤を発明したのだと思って、金属上で図案を彫刻するのに用います。別のいくつか人はこの貢献のをするのがドイツ人のハンス・施万哈茲(HansSchwanhardt)だと思います。その時ロンドンの大工はあまねく彫りを使って木製の家具を飾りに来て、からだはロンドンのおじさんで偶然のチャンスがこの技術の人を魅惑する場所を発見したためめったにない―ルイ・ブレゲを引き延ばして、ブレゲ先生がパリに帰った後に、表を作成する労働者の坊(39 Quai del’Horloge)を創建して、そしてこの技術を表を作成する業に取り入れるのを試みるのを始めて、首位が丸くない真珠で模様を刻んで時計の文字盤の表を作成する師を飾りを彫刻するのになります。今回の創造精神がブレゲに2百数年来の今日で依然として受けて尊びあがめさせる正に。ブレゲ先生終始すべて倦まずたゆまず追求それぞれの時計算する部品の実用性。彼の目の中で、精致な彫刻は紋様に扮して全身で美しくて実用的なことに集まって、時期が計算して美感を増加するを除いて、同時に重要な実用的な価値がもあります。精密な丸くない真珠で模様を刻んで際立たせておりるのを彫刻して、ポインターがますますはっきりしていて弁別することができて、とても著しく時計算する“性を読みやすい”を高めて、命令取出し時間に都合よいです。その時流行っている寛大に華麗な風格のパロックのポインターと区別があって、丸くない真珠は模様を刻んで精巧でさっぱりしていて上品なポインターになって1条の大通りを切り開いたのを彫刻して、今のところすでになるブレゲの腕時計のクラシック表す中の一つのサイドオープンを持つえこひいきの“月の形”の針の先のポインター便きつい従う丸くない真珠彫刻する彫刻扮します紋様ブレゲ先生から制定したの。その次に、異なるしわは有効に際立っている時計の文字盤の上でとのと違い地区を確定することができて、設ける各種の比較的独立した複雑な機能と時間は表示します。ほとんど採用の丸くない真珠が模様を刻む初めを彫刻する、ブレゲの時計の文字盤上からのすべての機能地区は皆明らかに異なる図案を彫刻しだして飾ります。しかしこれらは入り混じり集まって複雑に、また整然として乱れがないしわが変化してブレゲにのなる時計算してもう一つの不可欠なクラシックの元素、今なおそのまま用います。ブレゲは伝統を受けてその通りにする同時に、絶えず大胆に新機軸を打ち出します。向こうへ行く2つの世紀の中で、彼らは主に2項の重大な改革を行いました。時計の文字盤が時間推移に従いを免れるために変色して、ブレゲの表を作成する師は装飾に対して彫刻して模様を刻む時計の文字盤銀をめっきすることを行って処理する丸くない真珠があって、同時に時計の文字盤のを保護して、視覚のために1筋の段階の豊富な楽しみを増加しました。いくつかレディスはモデルの上で表して、また(まだ)天然のバイモで扮するのが、静かで趣があって高貴な息は静かに充満し始めます。ブレゲの表を作成する師はこれまでと少しも変わらず使って全く手製で推進してコントロールする模様を刻む旋盤(roseengine)の類から道具を彫刻して、同時に大量に全く新しい図案を創作しだして、極めて大きく模様を刻むデザインを豊かにして、ブレゲのためにモデルを表して錦上に花を添えて、それをいっそう精巧で美しくさせます。

私達はどうして必ず独係の時計を買わなければなりません

近年の時計の制造業の発展に従って、および人々の腕時計に対する需要、今の腕時計の市場も情勢が1面良いと言うことができます。みんなは腕時計のが熱中するのに対しても日に日に真っ盛りだと言うことができます。成功する人はトップクラスのスイスを選んで表して、若い人は親民の日系の腕時計を選びます。このような情勢の下にあって、独係の腕時計はだんだんみんなの関心を受けます。私達は思わず聞いて、私達はどうして必ず独係の腕時計を買わなければなりませんか?独係の腕時計の魅力は一体何ですか?これは私達のずっと考えていた問題で、私達が探求する本質に行くであるべきで、しばらく1広告の語を模倣します:ドイツの品質、かたいもし大きな石。

飛行する陀はずみ車

また浮遊状態式陀はずみ車を語って、ドイツの表を作成する業の発祥地の格拉蘇蒂の表を作成する師のアルフレッド・海威格から1922年に発明したので、その特徴はブレゲ式陀はずみ車の骨組みの上で支えの固定的な支柱をキャンセルするので、同時に陀はずみ車の骨組みの支えをすべて底部で放置します。陀はずみ車の骨組みを固定的だボール・ベアリングの上でで、陀はずみ車にいかなる1つの方向で皆比較的安定な掛り位置を維持することができます。


飛行式陀はずみ車はブレゲ式の優位に比べて、見たところ陀はずみ車の回転する骨組みが遮るものになくなったので、全くはっきりと現れてくることができて、運行する時浮遊状態の効果があって、陀はずみ車の目新しい感と動態を高めて力を表現します。三大複雑な技術の中の一つ陀はずみ車として、今に腕時計の製造する技術を代表すると言うことができて、飛行する陀はずみ車は動態のしなやかな美感があります。

“農民が表す”と“機械的な時計”はそれでは1粒のサクランボだけ足りません

機械の腕時計と石英の腕時計を継いだ後に、科学技術のレベルが高く上がって表を作成する技術が発展するのを推進して、出産を促してきた第3種類の“つやがある運動エネルギー”の腕時計。簡単に石英のチップの基礎上で光学に参加してを担当して、比較する以前の伝統のチップはいっそう環境保護だ機能もも更に強大になりました。“石英のあらし”の時期の大黒柱の“伝統の石英のチップ”はもしかするとゆっくりと進展変化するを式に向こうへ行って、さすがに光のエネルギーの腕時計の長所はほんのわずかではありません。

彼らはすべてブレゲの尊い主顧

ブレゲ「現代タブの父」と呼ばれる。ブレゲからを発明した業界が70 %を超えた技術は、最も代表的な三大複雑な機能の発明:陀フライホイール、万年暦と三問音バネ。ブレゲ(1775年に創立しBreguet)ブランドから、今からすでに240年の歴史。じゅうはち世紀始めから、ずっとブレゲブランドに取り組むために皇室メンバーと幅広い分野のエリート提供作品とサービス。像フランス王皇后マリー・アントワネット、ナポレオン・ボナパルト、ナポリ王妃卡洛琳・缪拉、ロシアツァーリアレクサンダー、吉奥アキノ・ロッシーニ、ウィンストン・チャーチル、彼らは異なっている時期も、ブレゲ時計の愛好者。

バセロン・コンスタンチンとロンドンの技術週間は再度いっしょに全く新しいシリーズの腕時計を製造します

2016年6月、バセロン・コンスタンチンは再度ロンドンの技術週間と共に進む、きんでている手工芸と職人の精神が現れるのを目指して、その特色はマイノリティー、地味な仕事部屋を発掘して手製で芸人、彼らの巧みで完璧な技術と名店、画廊と贅沢品をとと一緒にきんでている手作業の技巧が展示して、現れるのです。ロンドンの技術週間は1つの独立、非利潤性のイベントで、パートナバセロン・コンスタンチンと戦略パートナーのロンドン市長の事務室、イギリスの技術を創始するから力を合わせて、Walpoleと伝統の工芸品が力を合わせて共同で賛助するのができます。バセロン・コンスタンチンは第1期のロンドンの技術週間の創立者の中の一つとして、2016年に、再度ロンドンの技術週間と手を携えて、第2期のロンドンの技術週間を製造します。

都市の時間の中の上海の“調子”を訪れます――淮海路専売店は秋開業します

正統の上海人の自家路線の中に必ず淮海路があります。“地元以外の人は南京路を包んで、上海当地人は淮海路”をぶらぶらして、このにほれて、ただ淮海の途中のだけため、長年の沈殿して下りてきたのが重んじて、ロマンチックで、異国風できざなこの都市があって、甚だしきに至っては“調子”。時代交替したけれども、ここで、どんな新しい店舗は進駐するのにも関わらず、すべてまるである種類の規則に従ったのが普通で、この条街の独特な風格に近寄って、シチズンの淮海路新店もこのようにです。


“クラシックの回顧”(Retrospective)と“紀念”(Homage)のユニットを賛助します

去年のベルリン映画祭の上で、格拉蘇蒂のオリジナルは手を携える“クラシックの回顧”(Retrospective)と“紀念”(Homage)のユニットを通じて(通って)自分の協力でを履行して承諾します。今年の“クラシックの回顧”は“特に芸の七色”(ColorbyTechnicolor)をテーマにするを。20世紀の上に半分号、特に芸の七色のこの撮影技術は誇張のスーパーインポーズの色を合わせる方案に頼って全盛時期に入って、そしていくつかの偉大な映画の作品のために力に貢献して、今なお依然としてたくさんの観衆を夢中になってやまなくさせます。

大きい米は言葉がありません――張暁竜と宝の齊莱

伝統に解け合うのがと流行します

えこひいきの選抜・月夜は飛行します

格拉蘇蒂のオリジナルなえこひいきする月相の大きいカレンダーの腕時計PanoLunar Tourbillonは40ミリメートルの赤い金を持って殻と暖かい銀色の時計の文字盤の完璧にさっぱりしていて上品な外観を表して、近代的でモダンな時計の文字盤はと金のシルバーラメの精密な技術の飛行陀はずみ車を採用して腕時計にまばゆくて人をうつさせ。

宇の大きな船レイカーズのために出した特別なモデルの王者の力の腕時計

今年すべてのスイスの腕時計メーカーの中宇の大きな船が表すのがきっとその中の太陽が照る光度の最高なそれひとつのだ、ただワールドカップにあるだけではない上でかつすばらしく鏡の振る舞いを奪い取って、世界各地の有名なクラブですべてとても良い協力を持っているのを持っています。前ひとしきりの宇の大きな船は唐人のポロ(用のボール)のクラブのために1モデルの専門のポロ(用のボール)の腕時計を製造して、その上それはアヤックスのクラブを宣言してと3年契約を継続して、最近に宇の大きな船は王者の力の腕時計を出して、ロサンゼルス・レイカーズのバスケットボールチームだけのために製造します。

新しいハンドピックの表すいくつ(か)の落とし穴

いつでも分ける新米と巫女のがあって、実は両者の間のギャップは経験上で、新米が経験があった後に巫女になることができて、時計を買うのも例外でないでした。いかなる取引はすべて買い手と売り手がいて、少ししっかりと心に刻みます:買い手の売らなかったのが精密で、得をしたくて、それは全く夢を見るのです!だからただ1つの原則に従って、それはつまりあなたが買った後に自分で感じてと、もしも値して、それなら儲けました!こので小さくとみんなが下へ分かち合って表す収穫を選びを編んで、入選して落とし穴を表しに入らないようにします。

«10111213141516171819202122»
最近の投稿
日历
ブックマーク
Tags列表
カテゴリー

きわめて貴重なブログ。Copyright by 作者【坂木正寛】:www.qualityfirst777.site