« nomos腕時計はどこのブランドですかCK腕時計のメンテナンスはどうすればいいですか »

腕時計の並べ方

腕時計が偏っているのも偏光といい、俗に足が不自由で、足を上げて置くことといい、定義上「偏り」というのは船を静止させた時、ホイールを置く円盤のピンが偏りがちになってきて、中心線になっていることを指します。そのため、ホイールが振動している時、左と方向が同じではないです。

腕時計を置くと主に腕時計の自動発振ウブロコピー性能に影響します。腕時計は止まってから弦をかけます。たくさんの下に髪の毛を出してから腕時計が動き始めます。時にはかすめ取ったり、外力の揺れを借りて歩かなければならないこともあります。

円盤の上に円盤の釘(衝撃釘ともいいます)を付けるには、正確なものと精密なものが必要です。腕時計が偏って置かれないようにすることができます。これは腕時計を組み立てる時に、ダブルディスクの一つはまだ位であるべきですが、大体の位置しか保証できません。精密な補正はフィラメントの方向の調整に依存しますが。

遊糸は内杭と外杭があります。つまり遊糸内、外両端の固定はどうですか?それらの一つを調整して、円盤の釘付けの位置を移動させてもいいです。以前の機械式腕時計は全部「死外杭」(現在の機械目覚まし時計を含む)で、つまり遊糸外端固定はどうやってチャックの上に一番作ったのですか?移動できません。ですから、その時は腕時計がたくさん置いてあります。調整する時にはサイクリングを外して、遊糸内の杭を回転して、よくないです。また、遊線に傷をつけやすいです。量を調整するのもコントロールしにくいです。分解したり、分解したり、繰り返したりしてからでないとよくならないです。面倒くさいです。