« ハンカチの瑪の強い尼はシリーズTonda Reine de Mai腕時計をよくわきまえています助力海洋保護オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターNekton特別な版 »

ランゲは上海全世界で“敬意を表する費のなんじのディナンの多い・アドルフ・ランゲ”の周年紀念のシリーズを初めて発行します

2020年9月9日~13日、ランゲは“時計と奇跡”の上海の高級の時計展(Watches& Wonders Shanghai)の全世界で3モデルの独特の風格がある1815シリーズの腕時計を初めて発行して、皆“敬意を表する費のなんじのディナンの多い・アドルフ・ランゲ”で命名します。この3モデルの周年紀念のモデルは皆ランゲの独占で研究開発する18K蜂蜜の金を採用して製造して、配備して心をこめて装飾するチップと独特な時計の文字盤を通って、なんじのディナンの多い・アドルフ・ランゲ(Ferdinand AdolphLange)がかかるに向って敬意を表しを目指します。175年前に、こちらの表を作成する先駆者は格拉蘇蒂鎮で自分の制表工場を創立して、ここから薩克森の精密な表を作成する業のために基礎を打ち立てました。


ランゲは上海全世界で“敬意を表する費のなんじのディナンの多い・アドルフ・ランゲ”の周年紀念のシリーズを初めて発行して、左から右まで:1815の細かくて薄い腕時計の18K蜂蜜の金のモデル、1815は針の腕時計の18K蜂蜜の金のモデルおよび、TOURBOGRAPH陀のはずみ車を追って針の時間単位の計算の万年暦の腕時計の18K蜂蜜の金のモデルを追います


ランゲにとって、2020年は紀念すべきな1年です。今年は薩克森の精密なのが表を作成するの伝奇的な175周年なだけではなくて、ランゲが勇敢に全く新しい旅の30周年紀念を開くのスーパーコピー時計もです。1845年12月7日、なんじのディナンの多い・アドルフ・ランゲ(Ferdinand AdolphLange)がかかって自分の懐中時計の労働者の坊を創立して、ここから引き離す格拉蘇蒂の表を作成する業の幕、しかる後継続的な発展は有名な制表センターになります。最初から15人の見習いの表を作成する教育の労働者の坊しかなくて、今のところまで有名なドイツ更には全世界の傑出制表工場、なんじのディナンの多い・アドルフ・ランゲ(Ferdinand AdolphLange)がかかって発展の過程の中で従業員に自分の会社を創立するように励まして、そして分業制度に基づいて時計を行って生産を始めて、これはその時に非常に先進的な理念と言えます。


彼は現代の生産様式と科学的な知識と巧みで完璧な技術の精妙な融合を、自分の郷里の薩克森で世界に名が知れている時計を製造しだすことができるのに力を尽くします。彼はメートル制システムを精密な表を作成する業界に取り入れて、そして斬新な測量器具と道具を創造します。それ以外に、彼はまた(まだ)数えきれない精妙な装置および、表を作成する方案を研究開発しだして、多数はすべてすでに特許を申請しました。その中の3/4の添え板は1990年にブランドが再編してからすでにランゲの時計算する標識になりました。