« オリスが大きくて冠のポインター式のカレンダーの腕時計の青銅皿版を表しますアテネはダイビングの時間単位の計算の腕時計の赤色の金槌の頭鯊限定版を表します »

ハンカチの瑪の強い尼は全力でシリーズHijri Perpetual Calendar回教暦の腕時計をよくわきまえているのが現れます

ハンカチの瑪の強い尼がとても光栄で1モデルの稀少でめったにないのに行うように出します:ブランドの第一モデルはシリーズHijri Perpetual Calendar回教暦の腕時計をよくわきまえています。この全く新しいカレンダーの腕時計がハンカチの瑪の強い尼が2011年にを1モデルの個性的な置き時計の開発する技術にするのは基礎で、霊感は1モデルがアラブのカレンダーの骨董の懐中時計に付いていて品物を修復するのに源を発します。これはハンカチの瑪の強い尼のブランドの歴史の上で初めて回教暦の万年暦(Hijri Perpetual Calendar)のこの複雑な機能を腕時計の形式で解け合うのです。


ムスリムの世界で、カレンダーは月の円が周期が欠けるのを基礎にします。回教暦(Hijri)もイスラムの陰暦を語って、12ヶ月含んで、毎月29あるいは、30日(具体的な運命が月相にかかる)があって、精確な位置付けのイスラム教の祝日に用います。西方との太陽暦が明らかに異なるで、毎年陰暦の運命は太陽暦の運命に比べて少しの10~12日に全て要って、これで毎月すべて異なる季節の中に落ちる機会がありを招いて、明らかに西暦(も“グレゴリウスが経過する”と言う)の季節の区別と異なるです。イスラム教の起点は622年の先覚者の黙罕黙徳からメッカからメディナ(Medinaへ移ることができて、位置して今日のサウジアラビア)が計算して、この時にで、1つ目のムスリムの社会階層は創立を組織します。


今回の新しく世に出した時計のモデルは44.5ミリメートルのプラチナの金を採用して殻を表して、濃い灰色の時計の文字盤とプラチナの金によく合って陀を並べます。それはアラブのディジタル表示の時間、分と期日で、アラブの文でそれぞれの月の名称と長さを表示して、その他にまた(まだ)閏年と平年を表示します。それ以外に時計の文字盤の上でまた(まだ)設置されていて砂金石で夜空の月相を代表するおよび48時間の動力がインジケーターを保存するのを表示します。同じくハンカチの瑪の強い尼のすべての時計算する作品のようです、チップの中のすべての部品を表すべきで、甚だしきに至ってはわからない部品に隠れて皆ブランドの専門の人の心がこもっている装飾を経るので、かつ金の材質を採用する部品がなくて、すべての細部は皆周到に熟考する結晶です。


このはなやかなのが行ってまた(まだ)アラブの建物を霊感の元素にすることを含みました――板橋は“損益”の三日月とダイウイキョウの星(Rub el Hizb)の造型を採用して、その中のダイウイキョウの星は形成したのは2つの正方形からお互いに重なり合っていイスラムが表すのです。それ以外に、Hijri Perpetual Calendarは力の腕時計の美学設計に帰ってまた(まだ)各種の純粋な芸術の元素を霊感にして、しかも強い尼の作品の中でハンカチの瑪よくある各種のクラシックの風格を踏襲しました。耳の造型を表してブランドの理念に従います:エルゴデザインに合って、手首部に心地良いで感をつけます。この1世に界首はモデルを発表してまた(まだ)黒色のエルメスワニの皮バンドを配備して、組み合わせは針式に挿し込んでボタンを表します。同じくハンカチの瑪の強い尼の一貫している伝統のようです、モデルを表して個性化のオーダー制を受けるべきで、本当にのがただ1つであることを実現します。


開発の歴史を表して最初1993年までさかのぼることができるべきで、その時ミッシェル・ハンカチの瑪の強い尼は1モデルの懐中時計を修復していて、ハンカチの瑪の強い尼のブランドの創立まで3年もあります。あの修復作業はハンカチの瑪の強い尼に2011年に1モデルの採用Hijri回教暦の置き時計を製造しだすように促します――その時の世界が創始するで、それでは以前はまだ連続してひっきりなしに運行するのを実現することができる時計の上の陰暦がないためです;この非凡な傑作の霊感は彼の修復した1モデルの簡単なHijri回教暦装置に源を発します。彼は同時にまだ1モデル修復していて18世紀末(あるいは19世紀初め)の懐中時計に源を発して、採用を表してアラブの文の太陽暦のため訳すべきです。ハンカチの瑪の強い尼の今回の新しく出したHijri Calendar回教暦の腕時計は文化と高級の時計の技巧のすばらしい融合を称することができて、優美な方法でハンカチの瑪の強い尼のブランドのこれによって有名なフリーボードの革新の水準巧みで完璧なの、専門の手作業の技巧が現れましたと。