« ロレックスのカキ式の専門の腕時計のシリーズの116655オリスの全く新しいDivers Sixty-Five潜水する腕時計 »

GPジラール・ぺルゴは全く新しくてきわめて黒いチタンの三橋陀はずみ車の腕時計を表します

一目で十分に人に全く新しい三橋陀はずみ車の腕時計がどのようにできるだけ設計の青写真の前提からそれない下にが分からせ、その風格の上の原則を演繹します。全く新しい三橋陀はずみ車の腕時計は新しい美学の理念を運用して、近代化する最新流行設計とそのずっと誇りに思う前衛の技術を材料と互いに結合して、腕時計の愛好者の関心を引きつけて維持して、かつ現れることができる最優秀効果に達しました。全く新しい造型の橋板、その曲線を使って、この腕時計の動力の無限な力をはっきりと示して、Constant Girard-Perregauxのようだ1889年のパリの万国博覧会(the Universal Exhibition in Paris)の上でそして一挙に金賞のあの時計を勝ち取ってその橋板のいくら設計を使ってこの理念を表現するのを展示します。

三橋板の構造は透かし彫りの方法で世間の人にすべての細部を見通させて、同時にそれらに更にしなやかにならせます。三橋板はチタン金属で製造して、このような金属の重さほとんどただ精密な鋼の半分、すべての橋板はすべて砂を噴き出して加工した後にを通じて(通って)またPVDを覆って膜をめっきして、それに高級な時計の専有のすぐれて良い質感を現させて、このようなサイドオープンの三橋の構造は現代建築の風格のが敬意を表しに対して、時にはまた(まだ)宇宙の重力の掟のが再定義に対して。このような観点はとても合理的で、陀はずみ車のアーチ型が支柱を彫刻するため、空中に垂れる糸に順番に当たって重力の影響を抜け出しを並べる譲って、時計算する革新を実現して、そこで並外れている価値があります。

できるだけ3次元の効果を高めるためにそしてつける者の眼光を引きつけて、1歩進んでつける者の心を捕獲して、技師と表を作成する師達は改めて時計の文字盤を設計して、同様に黒色の砂粒を吹付ける処理をも運用して時計の文字盤センターに光線を吸収させて、効果を透視するのに深まります。これは3つから渡して繋がるウススミの円形の形成する不規則なかけら形の中心を巻き付けて、鮮明な色のコントラストが発生します。精致な時計の文字盤は同時に枠を表しになりを設計させられて、盛り上がられた水晶の保護、それによってひとつのを形成して人に賛嘆させる陀はずみ車の大きい窓口を観賞することができます。この陀はずみ車もチタン金属を採用して製造して、伝統の精密な鋼バージョンとと同じに、トップクラスを通って表を作成して加工して、「刺青」表面と手作業の面取りの脊椎を添えます。陀はずみ車の1分の回転する1週間、直径は14.44ミリメートルで、80の部品の総重量の0.25グラムだけを配備して、それが定時に循環する時、それぞれは空中に垂れる糸に順番に当たって一連の金からねじをつくって調節を並べて、フィリップスの端の曲線の1つのヘリカルによって3ヘルツ振動します。

この全く新しい三橋陀はずみ車のチップは素晴らしい数学的構造があって、完璧な平衡に達します。一目で眺めてこのGP09400チップがいくつかの部品からただ構成するだけと思って、実はそれの内部は245の部品を搭載します。それらはいくつかの身長部品に分けるに集まられて、共にチップに運営を完成するように協力して、すべての陀はずみ車の部品は皆トップクラスの表を作成する標準によって売り払いを行って磨き上げます。同時に、この陀はずみ車もGPジラール・ぺルゴの時計だけある技術例えば自動的にの上で鎖などを含める精選技術の大規模発展する成果です。

プラチナ自動皿を例にして、それのにあげることができる箱のスプリングの上で鎖、専門に放置させられてぜんまいで下をふくらまして、その他のモデルの三橋陀はずみ車のようだそのようにめぐらないでぜんまいで周囲をふくらまします。このような特別な設計はもっと大きい直径のぜんまいの箱を採用したため、更に長いぜんまいを入れて、腕時計に60時間続く動力備蓄物があらせます。表を作成する師達はこのような風格の設計を選んで、ぜんまいの箱の上の歯を消えてなくならせて、取って代わるの1本のねじの車輪です。このねじは通って面取りを彫り刻みにと順番に当たって、6条のレバーがあって、タービン羽根のように1つの独特な装飾を形成して、その繰り返しの現れる模様がタグの普通に似ていてもチップのその他のわかったねじで順番に当たりが現れます。

とても明らかで、組み合わせは殻と短吻ワニの皮バンドを表すDLCチタン金属があって、直径の45ミリメートル、30メートルの防水機能がある全く新しい三橋陀はずみ車の腕時計は1つの透明な底を持ってかぶせます。底がかぶせて時計の愛好者の一覧の余すところないチップの内部の部品を譲って、中がまた(まだ)含んで特に三橋陀はずみ車の回転する過程の設計を捕らえるのに用います。そのため底から矢の形の橋板がはっきり見えて全体のチップを貫くことができるのをかぶせます。その上、位置して12時に位置のが7弦の竪琴の形のラチェットとチップのその他の部品を呈するのをも見ることができます。その他に、全体のチップは設計上多くの所でデジタルの3あるいは、3の倍数を使って、かつGPジラール・ぺルゴによって最も厳格な表を作成する伝統を表して加工処理を行いました。