« 時計の中でクラシック――IWCポルトガルのシリーズの成功の道平方寸の巧みな構想・考案の手首の間で妙趣GUCCIは中国の限定版U-PLAY腕時計を出します »

ランゲLANGE 1腕時計

ランゲが当時初めて大きいカレンダーに表示するように出した時、称賛を受けるだけではなくて、更に多くのブランドの合い争ってまねる波を巻き起こしました。大きいカレンダーはアシンメトリーの時計の文字盤の鮮明な風格によく合って、LANGE1を非の打ち所がない表す壇の名作にならせます。今年出すLANGE1は全く新しいチップを配備します。

 

新しいチップは数項の変更を作り出しました。まず、精確で一瞬大きいカレンダーの表示するスイッチング時間を跳んで真夜中に予定します。この過程の必要な動力は数時間以内にゆっくりと作り上げます。それ以外に、LANGE1のがシステムを捕らえてたとえ現在用意するのでも順番に当たって自制するないのを並べて度の空中に垂れる糸を押さえるえこひいきする分銅の平衡がとれているのがあります。装置は手作業で並べて添え板の下に順番に当たりを彫刻するのを設けて、毎時間21、600の回に振動します。この時計も信頼できる両ぜんまいの箱を保留して、動力の貯蔵は72時間に達します。