« 男性は導いて通して持つあって、女性は宇の大きな船の“LadyDubai”があります王子の万国を選ぶ腕時計になりたいです »

オメガの海洋の探険の過程

セイウチのシリーズの海洋の宇宙の600メートルは臻天文台まで(に)オメガ(OMEGA)の並外れている海洋を積載して歴史を探求するのを表します。事実上、現代勇敢に恐れることがない偉大な冒険家と探険者はすべてオメガの腕時計をつけたことがあってことがあります。オメガと海洋を通じて(通って)探険して互いに織りなす十大歴史の時間、セイウチのシリーズの海洋の宇宙の作品の基はを1つ1つ公表します。


オメガの海洋の腕時計は世界の初期公然と発売する潜む水道のメーターです。そのシンボル的だ設計は精密な鋼あるいは黄金の製造した取りはずしのきく式の2層が殻を表すので、そしてその時に思われて有史以来防水性能のきわめて良い腕時計の中の一つです。オメガの海洋の腕時計はレマン湖の73米の深い水中がテストを受けた、後でスイスの表を作成する研究実験室は135メートルの深い水中をなぞらえ似せていて再度この腕時計に対してテストします。2度のテスト中で、オメガの海洋の腕時計がすべて表現するのが並外れていて、その性能は少しも水中の環境の影響を受けていません。


チャールズ・ウィリアム・相手は(CharlesWilliam Beebe)に比べて1人の米国が自然で家、動物学家と探検家を学ぶので、彼は併発する明瞭な深海の潜む水球(bathysphere)を構想して、これは人の深海に潜る球形のダイビング装置を持つことができるのです。ウィリアム・相手も本人に比べてオメガの海洋の腕時計の忠実なファンです。1936年、相手はオメガの海洋の腕時計をつけているに比べてみごとに太平洋での下で14メートル潜んで、事後は彼はこの腕時計に対して高度な評価を与えて、ひとつの表を作成する科学の上でその代表”本当にの飛躍を語りました”。

 

1957年、オメガは職業のダイビング家とアマチュアのダイビング愛好者設計のためにセイウチの300腕時計を発表しました。すべてのはこの腕時計の水中の体験をつける人を持ったことがあってすべてその堅固さ性、精密で正確な度と信頼度に対してしきりにほめます。これらの特質がイギリス皇室海軍(BritishRoyal Navy)のダイビング人員にとって極めて重要で、そのためオメガのセイウチの300腕時計も彼らの第一選択になりました。


1968年、オメガとフランスの有名なダイビング会社COMEX(CompagnieMaritime d'Expertise)は協力を開いて、この会社は深海を解決して潜水に時出会った問題力を尽くします。彼らの実験センターで、二人がオメガのセイウチの300腕時計のCOMEX潜水夫をつけていて創造した下に365メートルのアナログの潜水する世界記録まで(に)潜みます。その後、オメガはCOMEXの協力とまた持続的に数年を行いました。


オメガのセイウチのシリーズの600メートルの腕時計は1970年に世間に現れて、腕時計は全部の塊の精密な鋼から製造して、高力の強化ガラスと2重の錠を配備して冠を表して、深海からの極限に達している圧力に抵抗することができます。この俗称の“Ploprof”の腕時計が出した後に便は直ちに有名なフランスの海洋学者のジャーク・倉庫のストー(JacquesCousteau)に選ばれて、彼に付き添って紅海(RedSea)の展開の一連の実験、測量の人類深海中で生理と心理のが極限に耐えます。

  

ジャーク・馬はまるで(JacquesMayol)が1981年に自由のダイビングの101メートルの世界記録を創造する時、彼のつけたのは正にオメガのセイウチのシリーズの120メートルの腕時計です。この超薄の豪華なダイビングの腕時計はこちらが“イルカ人”の探検家と称させられるのにとって完璧なことを称することができます。この後で、馬はまるで本人も強調してきわめて危険な環境の下に1モデルの精密で正確な時限装置の重要性を持ちます。


オメガは1993年にセイウチのシリーズの300メートルの専門の潜む水道のメーターを発表して、それは潜む水道のメーターが領域の強い勢いを製造していて復帰を宣告します。このシリーズの天文台は機械の時間単位の計算を認証して表して、その配備した時間単位の計算の押しボタンは300米の深い海の下で依然として正常な運行のことができて、腕時計の領域前衛のが行いを称することができます。それに頼って長い時間が経っても衰えないでしかもスポーツの息のデザインに富を極めて、セイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターのクラシックが味わいがあって、そして気楽にいかなる身なりとよく合うことができて、ウエットスーツを含みます。

 

有名な環球の航行するスポーツ選手として、およびニュージーランド酋長チーム(EmiratesTeam New Zealand)にアメリカカップ(America'sCup)の伝奇的なメンバーに参加するように連れて、ピーター・地雷(水雷)を仕掛けてグラムの勲爵位(SirPeter Blake)1995年にオメガの有名人の大使になります。ずば抜けている航行の能力を持つを除いて、ブラックの勲爵位もずっと海洋が事業を保護するのに力を尽くします。彼はあとで1つの“ブラックが遠征する”(Blakexpeditions)を環境保護を創立して組織して、そしてその獲得した1隻の長い36メートル/120フィートの遠征艦式の帆船を“セイウチ”(Seamaster)に命名します。


2005年、第1世代のオメガのセイウチのシリーズの海洋の宇宙の600メートルの腕時計は正式に世間に現れて、このシリーズの腕時計ごとには皆オメガの革命的性質の軸のチップを搭載しましたと。この時計算して流行する風格と実用的な機能の完璧な結合を実現して、同時にオメガの潜む水道のメーターの制作技術の上の豊富な経験に集まりました。


オメガと海洋の深い源はブランドに深く地球のもろくて弱いのを意識させます。海洋の持続可能な発展を保護するため、オメガ2011年に手を携える美好星基金会(GoodPlanetFoundation)、そしてすぐさま一連の行動をとって、2012年に受賞する記録映画《海洋の宇宙》(PlanetOcean)を発表するのを含んで、およびその年インドネシアで展開した2項は“といって地球、今から”(Timefor the Planet)の環境保護プロジェクトを見守ります。