« 226年忘れられない時代にGPジラール・ぺルゴは感謝して敬意を表することを表を作成する創造精神表します2千年の歴史のブルガリをまたがり越えて2モデルの全く新しくて派手な腕時計を出します »

盛んな刺し縫いする海はいっしょに素早く建華は全く新しいシリーズの腕時計を出します

09月29日のニュース、盛んな刺し縫いする海の2017は杭州ビルで時計の展会を催して、新しいシリーズの腕時計はそれによってブランドの発展史を振りかえって、そして革新します。


はこのが未来を展望する、歴史の展会を振りかえる上で盛んな刺し縫いする海は一連すばらしい設計を伝承してまた新しい設計の理念の腕時計に富みを展示しました。盛んな刺し縫いする海の中国地区の代弁者は素早く建華と中国区の社長の程は幅先生をあけて共に見得を切ます。今回の時計展のコーナーは全部で3つに分けて、チップ技術区、ブランド歴史区、はダイビングの腕時計の展示区を革新して、すべてのコーナーはすべて盛んな刺し縫いする海のすばらしい名を展示して表します。


ブランド歴史区は具体的なのがなくてどの1モデルの腕時計を展示します。写真の形式で人々に盛んな刺し縫いする海が創建からから発生する重大な事件を紹介したので、人に盛んな刺し縫いする海のこのブランドを理解するように供えます。チップ技術区は主に人々が盛んな刺し縫いする海の5チーム性能のずば抜けているチップを展示するに、盛んな刺し縫いする海の巧みで完璧な技術を展示して、その上観衆は現場はまた(まだ)P.を観覧することができます3000チップの組み立ての過程。


チップコーナーでまた(まだ)盛んな刺し縫いする海の5つのクラシックの腕時計のシリーズを見ることができて、展示の進化時間は順次殻型によって並べます。潜水する腕時計の展示区が最も人の目のを引きつけているのが魚雷の造型のショーケースで、スカイブルーの照明をさらに加えて、人にまるで神秘的な海の下で身を置かせます。今回の展示物は6モデルの全く新しいSUBMERSIBLE潜水する腕時計があります。


これらの腕時計の時計の文字盤の直径の47ミリメートルと42ミリメートル、材質がそれぞれ違って、優雅な赤い金、しなやかなチタン金属、すばらしいステンレス、すべて盛んな刺し縫いする海の傑作です。その中の青銅の材質は更に人に海底の神秘を体得することができます。


1930年代のの原始のモデルとと同じに盛んな刺し縫いする海の2017年新しく出したのPAM00687、PAM00685の2モデルの新しい腕時計、フォントがまだあります。処理と多角形の切断面を売り払って段階が思いを表示して、ある程度革新しますが、しかしぼんやりと定番の影にわかります。