« 宇の大きな船はそしていっしょに維克多・科魯茲が共同で専属の腕時計を設計するのを出しを表してニューヨークの巨人のチーム政府の時間単位の計算になります3金橋陀はずみ車の誇らしい品質 »

時間単位の計算に帰って時計も多くの挑戦に遭遇したのを積み重ねるのを飛び

材質と構造

 

過程の中で発展して、時間単位の計算に帰って時計も多くの挑戦に遭遇したのを積み重ねるのを飛びます。1枚のポインターは突然停止して、別の1枚のポインターの“努力して先頭に追いつく”、この中は金属、柄の軸とポインターの上でいくつかの圧力効果がおのずとあります。リセットする帰零は恐らく一連の驚かせる現象を誘発します。かつて一定の時間の中に(この時間が遥か遠くない)、いくつかは粗雑なポインターを設計してリセットする帰零の時振動の動力を吸収することができなくて、次第に変形してバナナ形を呈して、多少甚だしきに至っては突然断ち切ります。“今いくつか金の質のポインターがなおあって、外観の形がと軌道に運行するのはとりわけ奇異で、”カルティエのチップは、笑顔の中で持っていてしようがないのと残念に思って、と総監督CaroleKasapiを研究開発して表します、金の質の地が柔軟で、ひずみを力に発生しやすくなられます。”これもほとんどすべての現代ポインターがすべて鋼材の本質的な原因の中の一つを採用するです。

 

いくつかの表を作成するブランドは更に普通でない発展方向に上がって、例えばアテネは表します。アテネは今のところを表してすでにもう生産してこの種類に複雑な機能表を供給しなくてモデル、しかしところがこの領域のは先駆者を開拓します。1936年、アテネは設計の巧みな“両”に帰って同時にシステムをアクティブにするのを飛ぶように出しを表して、これも現代のスポーツの時間単位の計算システムの原型です;それから、アテネはまたを表して電磁式が飛んで帰りをアクティブにする方面に新しい突破をします。