« 盛んな刺し縫いする海MARE NOSTRUM TITANIO–52ミリメートルのチタン金属の腕時計LUMINOR MARINA 1950 3日の動力は自動腕時計を貯蓄します »

マルク・ボタンの森とAtmos空気の時計の源

“私は得て設計の1モデルのAtmos空気の時計を招きをうれしく思って、若い時私は初めてこの置き時計が見えて、すでに一目ぼれをしました。私にとって、Atmos空気の時計は複雑で見事なもので、それの何の近い恒は動いて、1つの不変な運行環境が必要です。それの彷彿が生命を持つのが普通で、人の存在を感じることができて、言うなれば少しおかしいと思って、しかしそれは確かに私に心がある程度従いと感じることができます。”

  

チップがかすを除いて精髄を取って、設計が簡潔です

 

マルク・ボタンの森設計のこのAtmos568空気の時計、しなやかで、すっかり理解して、シンプルです。それが構造を制動するのが人目を引いて、浮遊状態に見たところ似て空中にあって、実はチップの背面から支えました。

 

置き時計の時計の文字盤はきわめてシンプルで、時間ははっきりしてい読みやすいをの表示します。光線は直接読みに影響することはでき(ありえ)ない時透明なガラスの時計の殻を横切ることができて、時計皿が一サークルの青いのが設置されていて回転してアラビア数字を印刷するため、しかも分の小屋のためにめぐりました。簡潔なことを維持するため、月のタグ透明な時計の文字盤を溶け込みを指示します。一心に設計するつり合わせる金槌を通ってほとんどわからないで、またマルク・ボタンの森と選抜する青いポインターは互いに平衡がとれています。月相は全体の月相の交替する周期が現れるのを表示して、これもAtoms空気の時計だけある一大の特色です。クワイエットブルーの夜空の中で白く光って明るい月を掛けていて、静かに同心の縞模様の飾るつるつるしている回転台の上でで落ちます。

 

チップの背面で、構造が4時(点)で固定的で、レガシーフリーAtmos空気の時計の3時(点)、更にそのつりあいがとれている米に会います。薄い膜の橋板は改めてキアズマ型を設計するを通じて(通って)、表面は艶消し処理を通じて(通って)、薄い膜の設計を更に際立っていさせます。置き時計の名称はテーマの色調の青いでその上でで刻んで、デザイナーの地味な署名はシンボル的なダイダイ色を採用しました。

 

注意深くしげしげと見て、チップの上で激しく変わりに絶え間ないつやがある影の効果わかります。チップはジャガー・ルクルトの技術の大家から心をこめて作品を開発して、一部のモジュールはマルク・ボタンの森から改めて設計します。チップは飾って現代思う声がかれてつやがあるシルクの艶消しに富を極めて、一部の地区は明るい面で、光線が水晶を横切って時にその上で照射する、人を魅惑するつやがある影の上がり下がりの効果が現れます。つり合わせて新しく設計するを通じて(通って)車輪を並べて、そのグルーブの突き出ている歯の表面は声がかれてつやがありを採用して処理して、ニックは明るい面処理のため、何度も揺れ動く時光線のが下へ照射するに美しい図案を形成して、完璧に表を作成する大家の芸術の造詣が現れます。チップのもう一つのイベントのモジュール――薄い膜は、同様に鮮明な光覚を採用したのが、深い凹みを対比する明るい面、表層のために声がかれる光です。