« 宇の大きな船(Hublot)のBigBang魂のシリーズの月相の腕時計ブレゲ(Breguet)の航海のシリーズMarine 5817腕時計 »

深セン市時計品質検査センターの権威のある第3者検査機関

深セン市時計品質検査センター(以下が“SWQC”と略称する)は深セン市役所が創立する業界の公共の技術のサービス・プラットフォームの中の一つを重点的に支持するので、専門的に時計の品質の検証する専門性、権威の第3者検査機関に従事するのです。SWQCは創立するのは2004年8月、国内の初だと同時にCNASとCMA素質の社会の組織性の本質的な第3者測定機関を備えます。

 

SWQCは創立するのは今なお13年すでに近くなって、700社の時計の企業にサービスして、“品質第一、サービスが”を至上は私の検査センターが検証する仕事の基本方針を行うので、実験室はずっと“科学は、公正で、正確で、誠実と信用”の品質の方針を受けてその通りにして、広大な時計の企業のために正確な検証データを提供して、時計の企業の発展を促進します。

 

SWQC現在のところの主要なサービス範囲はあります:

 

1:時計の完成品の型式は検証します。権威のある検査報告書を提供して検証するのと企業のもっと良い国内でに販売と証明します。

 

2:第3者の検査サービス。ブランド商の品質によって求めて、供給商工場の現場に貨物・商品を検査することを行きます。

  

今期の展会、検査センターは展示場所にありを、会議・展示センターの9番の館P7―2と展示業者の同僚達は全行程で交流して、そして2017年にあるを6月24日にテーマのイベントに催します:国内の時計の製品が一環の第3者を工場出荷して、販売して研究討論を測定します。

 

第1度の(14:00~14:45):時計の製品販売の一環の第3者測定研究討論第二場(14:50~15:30):第3者の腕時計の完成品と部品の工場の検査サービス。