« エルメスSlim d'Hermès L'heure impatiente宝箱の表情豊かな月の顔 »

青玉の湾を被って赤い周の79220R、つまり小さい紅花を持ってきを開けます

Heritage BlackBayが青玉を被る湾のシリーズを開けるのはチュードルの2012年に出したヴィンテージ風の潜む水道のメーターで、その霊感はチュードルで向こうへ行ったいくつ(か)の異なる腕時計から来て、全体設計はチュードルでSubmariner潜航者の7922(チュードルが潜航者もある)から来たので、大きく冠を表して潜航者の7924に生まれて、針はSnowflake雪片に生まれて表します。このシリーズの腕時計がずっと尊んでさせられるのがすばらしくて、誰(で)も称賛します。

 

その年の巴展、青玉の湾を被って赤い周の79220Rを持ってきを開けて、つまり小さい紅花、12が常に下を表示して1つの古典のバラの花がありを指して、14年の藍は79220Bを閉じ込めて小さい青絵を称させられます。あとでチュードルは自分で作るチップを出して、そのため16年後は青玉の湾の盤面を被ってもうバラの花を使いないをの開けて、チュードルの盾になって表して、頭をでバラの花を保留しています。