« 上百万の値段、真珠や宝石それとも腕時計ですかオメガはとてもシリーズの競技用の自転車の時間単位の計算を奪い取って臻天文台まで(に)表します »

ジャガー・ルクルトLogoが大きくて解読します

腕時計の世界が学識が広くて深くて、全部の種類と様式を理解したいならばのは容易ではない1件の事に相当するので、それぞれ家の時計のモデルを研究する時もし行は餘力があって、書きを試みてブランドの自身の経緯を探求しますとよくて、すべてのブランドはすべてそれの人を興奮させる感動させるストーリがあって、同じくこれらの十分な歴史の養分のため、ようやく今日すばらしくて豊富な腕時計の技術の結晶を作ることができて、今日私達は先にジャガー・ルクルトLogoから更に背後のストーリを探求します。


ジャガー・ルクルトまで話が及んで人にJAEGER―LECOULTREがおよび徴ブランドの独特な標識に似ていると思い付かせます。これらは私達のこれらの時計の謎にとってとっくに根の深い木の根の固める基本知識で、しかしこれらの標識の出所について、私達は恐らくただ多少は知っていて、このような標識が成型する前で、ジャガー・ルクルトは実はいくつかの小さい主題歌が発生しました。

 

ジャガー・ルクルトは1833年にAntoineLeCoultreから設立したのを始めて、彼は時計の歯車の機械と道具を発明するだけではなくて、また(まだ)「1ミクロンの計」と「スプンの上に鍊がない」システムを発明して、大幅に時計の技術を高めます。着いてAntoineLeCoultreは1866年にその子とElieLeCoultreが共になんじの谷間の一つの時計工場を創立して、彼らがすべての製を技術に表して集まるここまででただ1つの時計のモデルを創造するのに力を尽くします。その時すべてのが顔立ちを表した上に全て"LECOULTRE"の標識(このがジャガー・ルクルトの前身だ)を印刷してあって、今なお骨董がいくらかあって上を表すことができるさらにLECOULTREの表す時計のモデルを印刷してありがよ見えます!


1903年まで着いて、AntoineLeCoultreの孫Jacques―DavidLeCoultreはジャガー・ルクルトの事業を引き継いで、ジャガー・ルクルトのために意外な発展をも始めました。フランス海軍からの製は師EdmondJaegerを表して書く彼の設計した超薄のチップを持ってスイスに来て能力あるの製の時計工場を探して、この時にJacques―DavidLeCoultreはこの挑戦を受けて、2つのブランドの協力する第1匹の超薄のチップの腕時計を完成しました。2つの自身の互いに独立する工場の札はこのような機縁の下で相互に協力する機会を得て、そのため相互に協力することを始めて、かつ史の上に名を残す超薄のシリーズの腕時計を製造しだします。

 

あの後から標識を表しては1から始めてのLeCoultreがJとLになって併の標識に相当して、徴が2社の関係の協力を書いて密接にすることに似ているのなだけではなくて、更に徴に似ていて互いに助ける運命の共同体を書きます。